購読をご希望の方は、 からご入会の申し込みをお願いいたします。
202307号

海草ハンバーガー・パテ:

akua社は海草を使った挽肉製品としてハンバーガー、ハンバーガー・パテ、挽肉代替製品を出している。このうちハンバーガー・パテの処方を見てみよう。成分表には、養殖昆布、オリーブ油、ヒマワリ油、マッシュルーム、エンドウ豆プロテイン、黒豆、グレート・ノーザン豆(白いんげん豆)、カネリーニ豆(白いんげん豆)、キノア、有機のココナッツアミノ(有機のココナッツ・ネクター、有機のココナッツの花の蜜。海塩)、赤いんげん豆、ポテトスターチ、香辛料(オニオン、ガーリック、スモークしたパプリカ、スパイス類)、ヒヨコ豆粉、栄養イースト、粉末トマト、豆スターチ、寒天としている。海草を主成分としているが、マッシュルームと、エンドウ豆プロテイン、それに多くの豆を使って、さらにスターチを混ぜてハンバーガー・パテの食感を出そうとしている。一方の牛挽肉代替製品では、成分は、養殖昆布、オリーブ油、クリミニ・マッシュルーム、エンドウ豆プロテイン、黒豆、キノア、有機のココナッツアミノ(有機のココナッツ・ネクター、有機のココナッツの花の蜜。海塩)、ポテトスターチ、栄養イースト、粉末トマト、ヒヨコ豆粉、豆スターチ、スパイスである。この処方では、かなり種々の豆を使わず、香辛料も少なくし、より簡単な処方にしている。


購読をご希望の方は、 からご入会の申し込みをお願いいたします。

Copyright JTC international All rights reserved.