◇ 2021/02/13 第11号と第12号の合併号をアップロードしました。202011 でダウンロードできます。
◇ 2018/09/13 URLを変更致しました。新しいURLはhttps://us-food.org です。これまでのURLのままで、こちらに移行するようになっております。
◇ 2018/09/13 スマホでもサイトを見て頂けるようになりました。会員の方は、スマホのブラウザにus-food.org を入力いただき、右上のログインボタンからログインしてください。
◇ 2018/03/20 過去3か月分の情報誌をダウンロードできます。
このサイトは、食品開発や海外の営業に役に立つ多くのアメリカ食品産業の情報をご提供しております。リンクの貼られた項目は非会員の方も内容をお読み頂けます。全ての記事の購読をご希望の方はこちらから入会の申し込みをお願いいたします。

パンデミック後の食品産業

ベジタリアン、ヴィーガン食は健康的か

植物性肉代替え製品の成分論争

細胞培養による肉製品の動き

植物性食品市場の今後

植物性タンパク製品

新型コロナウイルス(3)

新型コロナウイルス (2)

新型コロナウイルス

今年のトレンド

2020年の食トレンド

食の将来

CBDについて

自然志向の食品産業

AIと食品産業

植物性食品の動き

植物性食品市場のゆくえ(2)

植物性代替え肉市場の将来

アポロ11

農薬の安全性

ミールキット製品

ヘンプについて

食品開発のトレンド

食の植物化(続き)

培養肉(クリーンミート)について

食の植物化(続き)

食の植物化

遺伝子工学食品について

食品と健康

食品のラベル表示

食の歴史と健康

食品と健康調査

食の歴史と健康

食の歴史と健康

科学への不信感

食品ロスとその利用

食品の機能性

グロッサリーのオンライン販売

来年の食品の傾向

健康食品とその効果

SNSの世論形成への影響

食品と健康



◇食品と健康の科学◇

超加工食品の摂取が多いと、特に糖分が多い場合は、心血管疾患による死亡リスクと総死亡率が高くなる

オメガ-3-脂肪酸の摂取が多いと心臓発作後の回復に貢献

オメガ-3-脂肪酸が多いと心拍数の回復が早い

ビタミンD・Kの栄養状態が悪いと死亡率を上げる

しわエンドウの腸への影響は、糖尿病リスクのある人に有益かもしれない

寒冷暴露はビタミンA濃度を上げて脂肪燃焼の促進に貢献

腸内細菌叢の多様性が活性型ビタミンDと密接に関連

比較的豊富なアッケルマンシア属の細菌は、低い肥満リスクと関連

L-カルニチンのサプリメント摂取がウェストを細くし、血圧を下げるとメタ分析で発表

ナタマメ・ゴボウエキスが免疫システムを改善しうる

体重減少を促進するカロリー制限食でも、高タンパク質と普通タンパク質では腸内細菌叢の変化に違いあり

クルクミンと魚油の認知機能への効果には相乗効果がない、オーストラリアの研究チーム

ケサムが軽度の認知障害を持つ高齢者の気分と記憶を改善

ビタミンC輸送体がCOVID-19感染者に対するビタミンC治療の有効性を決定する要因の可能性

ハチミツとブラッククミンの併用が、COVID-19患者の回復を早める

あまい飲み物が、加齢を加速する

◇食品開発の科学◇

培養脂肪が、植物由来肉製品の欠落部分を埋める

豚血液を栄養補助食品用のプロテイン粉末に変える新しい方法

酵素が全粒粉パンをスーパーフードにする

抽出性アミロース鎖の微細構造がポテトフレークから作るポテトチップスの脂肪含量を決定



新しい研究でグリフォセートがホルモンの機能を阻害する可能性を示唆



FSMAの新しいトレイサビリティー規則について

FDAが成分リストでの自主的なゴマ使用の記載を奨励するガイダンスを発表

FDAが塩化カリウムの代替名としてカリウム塩を成分表示に使用することを認める

食品業界がバイデン大統領を歓迎、業界の期待と憂慮



◇一般食品企業情報◇

Unilever社が植物ベース食を「新しい日常」にするミッションを発表非会員の方もお読み頂けます

Tyson Foodsが植物性プロテインとビーフのハイブレッド・パテ製品を販売停止

英国の “Wicked Foods” ブランド、2021年夏に、米国とカナダに製品を発売

Perfect Day社がシンガポールの代替えタンパク質の開発を政府機関と共同

COVID-19感染者数を郵便番号で追跡したHershey社、第3四半期のチョコレート・菓子の売上が増加

◇フードサービス業界情報◇

McDoanld’sが植物性チキン・メニューを発売

Jack in the BoxがTysonの植物性チキンを使ったメニューを発売

Heinzがタッチレス・ディスペンサーを導入

◇食品流通業界情報◇

Costoの第1四半期の純売上は16.9% の伸び

Krogerがe-コマースで9位に入る

Home Chef社、料理疲れを解消する商品も提供して、ほぼ三桁の成長

◇飲料業界情報◇

Coca-Cola社、パンデミックを変化の起爆剤に-イノベーションプロジェクトの大掃除

Dairy Farmers of Americaが植物性ミルクと牛乳のミルクブレンドを発売

Growth Spurt Nutrition社、ヤギ乳の乳幼児用粉ミルクの発売に向けて準備中

◇添加物業界のニュース◇

Chinova Bioworks社のキノコ由来保存料は、植物性乳製品のプロバイオティクス数を維持

Axiom Foods社が”AvenOlait” 2.0オートムギ成分を発表

匂い製品がサプリメントのマーケティングに効果



ミール製品:

BBQ肉製品:

鶏肉製品:

マフィン:

ポテト製品:

デリ・スナック製品: 

植物性プロテイン・スナック製品:

チップス製品: 

植物性ヨーグルト:

植物性ヨーグルト:

スナック製品:

スナック製品:

コーヒ:

ヨーグルト・スナック:

ジュース製品:

機能性飲料:

機能性飲料:

機能性飲料:

機能性飲料:

機能性飲料:



◇市場商品のトピックス◇

ADM社が2021年の食トレンドを発表

シリアルのマイナスの固定観念、パンデミックで払拭

パンデミックの2020年のスーパーマーケットの肉、水産物売り場の傾向

シンガポールで培養細胞からの肉が解禁

ベーコン代替え製品が続々販売される

自宅での食事・間食体験の向上でプレミアムブランドのシェア拡大

今年のホリデー用食料品のオンライン購入、スナックがトップ

消費者はクラフト・チョコレートを斬新で刺激的と認識

◇フードサービスのトピックス◇

同じ食べ物でも古典的な美学があると、消費者に健康感と自然さを伝える

◇食品流通のトピックス◇

サプライチェーンは、将来の脅威に備え、透明性とデジタル化の強化が必要

◇飲料製品のトピックス◇

警告ラベルは砂糖入り飲料の消費量を減らす効果的な手段になりうる

◇食品添加物のトピックス◇

Flavorchem社が2021年のトレンドとフレーバー予測を発表

植物性肉代替え製品におけるカリウムの可能性

“GanedenBC30” プロバイオティクスは牛乳タンパク質からのアミノ酸吸収を高める

新しいプロテイン甘味料

単細胞の海洋藻類からタンパク質の「スーパーフード」を作る

◇機能性食品のトピックス◇

Amazon社が自社サイトでのサプリメント販売に関する新しい要件を開始

健康食品消費の認知度向上が、機能性食品原料市場の成長機会を大きくする

“Llamaland Organics” ブランドが、シリアルやスプレッドでペルーのスーパーフードの認知度向上を目指す

“Culturelle”ブランドからグミのプロバイオティクスが登場

◇遺伝子工学食品のトピックス◇

FDAが遺伝子変換した豚の食用、治療用として認可

遺伝子工学でのサーモンの出荷が間近

◇農産物トピックス◇

2020年はアグテックへの投資が記録的に

気候変動がCO2上昇による作物収量の増加を相殺、将来性のある品種開発の着手が飢餓ゼロに必要

Kalera社が屋内垂直型水耕栽培事業を拡大

◇栄養と健康のトピックス◇

妊娠第一期のビタミンD欠乏は子どもの認知能力と言語能力の悪化を予測

小児栄養のさらなる重要性が世界規模の調査で明らかに

強化粉ミルクは2.5歳までの行動問題の減少と関係

母体のビタミンD状態が子癇前症に影響している可能性

妊娠中のビタミンDレベルが子どものIQに影響、黒人妊婦はビタミンD欠乏リスクが高い

大型藻類を食べる人は、ヨウ素が過剰に多い

砂糖入り飲料も人工甘味料入り飲料も60歳以上の女性の虚弱リスクの増加と関連

妊婦のためのオメガ-3-脂肪酸の基準範囲が初めて特定される

◇消費者行動のトピックス◇

パンデミックで加速する生鮮食品需要、現代型消費者が登場

パンデミック不安の中、消費者はホリデー計画を見直し

Z世代は、他の世代よりも新鮮な野菜の必要性を感じていない

◇環境関連のトピックス◇

Coca-Cola社が紙製ボトルのプロトタイプを製作

完全リサイクルへの希望―新しいプラスチックを分解する“スーパー酵素”



CRNサプリメントアンケート調査: 健康全般と免疫をサポートする素材に関心が集中

より多くの消費者がホリデーは植物ベースの料理を取り入れつつある

2021年、消費者は正常に戻るのを待ちながら、食品に便利さ、コンフォート、健康を求める

商品に表示されている各種の認証マークの購買への影響

グロッサリー企業の伸び率トップ30

アメリカのチェイン・レストランのトップ100

北米の食品小売チェインのトップ30

過去1年で肉の消費が減ったアメリカ人は23%

世界の11月の食糧価格が有意に上昇

アメリカの飲料会社のトップ50

植物性食品の伸び率

ミレニアル世代の食に関するデータ

エネルギー製品の増加

新製品購入の要因

有機食品の売上の変化

世界で脂肪、油脂、ナッツや種子の製品への使用が増加

スーパーマーケットの消費者の満足度

チーズ消費の増加が牛乳消費の減少を吸収

北米の食品小売卸会社のトップ30

クラフトビールの売上は伸びているが、伸び率が少し低下

遺伝子工学食品、食品添加物の健康への影響についてアメリカ人の意見は真っ二つに分かれる

フードサービス企業のトップ25非会員の方もお読み頂けます

米国の肉製品製造企業のトップ25

食品小売企業のトップ30



Copyright JTC international All rights reserved.